義肢・装具の申請から支給まで

製作するものが治療用装具または仮義肢(初めて作る義手・義足)の場合

 

医師により必要と認められた場合、治療用装具または仮義肢は医療保険制度が適用になります。

義肢・装具の代金は、いったん製作所へ全額お支払いいただくことになりますが、その後、各窓口にて申請手続きをしていただくことで、その保険の給付割合にしたがい代金が還付されます。

一部還付の対象にならない義肢・装具もございますので、詳しくはお問い合わせください。

・証明書→病院発行のもの

・領収書→弊社発行のもの

負担率 手続きを行う場所 用意する書類
国保 30% 役所の国民健康保険課 ・証明書 ・領収書 ・保険証
・口座番号の控え ・印鑑(三文判)
前期高齢者医療
(70歳~74歳)
10~30% 国保 → 国民健康保険課へ
共済、健保 → 共済、健保へ
社保 → 社会保険へ
・証明書 ・領収書
・後期高齢者医療被保険者証
・口座番号の控え ・印鑑(三文判)
後期(長寿)
高齢者医療
(75歳以上)
10~30% 役所の保険年金課 ・証明書 ・領収書
・後期高齢者医療被保険者証
・口座番号の控え ・印鑑(三文判)
全国健康保険協会
共済保険組合
30% 勤務先で手続きを依頼 ・証明書 ・領収書
労災 0% 勤務先で労災の手続きを依頼 労働災害 → 領収書
労災7号用紙 (1)
通勤災害 → 領収書
労災16号用紙 (5)-1
生保 0% 役所(生活保護課) 役所の担当者に治療材料券を用意してもらう
交通事故 0% 当社(香取義肢)が
直接保険会社に請求
保険会社名、所在地、連絡先、担当者氏名と
患者様の電話番号を当社(香取義肢)に伝える

※生保・交通事故、以外は一時立替になります。

※労災が原因の仮義肢の場合は立替払いの必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

製作するものが更生用装具または本義肢(2本目以降に作る義手・義足)の場合

(身体障害者手帳をお持ちである事が必要です。)

 

 

① 装着者さまご本人がお住まいの地域の福祉事務所に申請する。


② 義肢製作会社に見積書の作成を依頼し、 見積書を福祉事務所に提出する。


福祉事務所より更生相談所に判定依頼(書類判定)が行われる。


③ 医学的判定を受けるため(a)更生相談所に来所予約をし、判定を受ける。または(b)福祉事務所で所定の意見書を入手し、医師の診察を受け、指定医の証明した意見書を福祉事務所に提出する。


更生相談所は、判定依頼に基づき福祉事務所に判定書を交付する。


④ 更生相談所から本人宛に補装具費支給決定通知書、 補装具費支給券が発行される。


⑤ 製作会社に支給券を提示して契約し、 義肢・装具の製作または修理を行う。


⑥ 義肢・装具の完成後、指定日に更生相談所に行き適合判定を受ける。 (福祉事務所によって、手続きを省略しているところもある。)


⑦ (a)償還払いの場合:義肢装具会社へ製作費を支払い、義肢・装具と領収書を受領する。(b)代理受領の場合:自己負担額を義肢装具会社へ支払い、義肢・装具と領収書を受領する。代理受領の委任状に記名押印する。


⑧ (a)償還払いの場合:市町村へ領収書を提出し、費用を請求することで、後日市町村より費用が支払われる。(事故自己負担分は除く)(b)代理受領の場合:義肢装具会社が市町村に残りの費用を請求し、義肢装具会社に支払われる。